文字サイズ

アソベとは

初代 宇右衛門から200年余り。「塗りの面(つら)」の美しさを追求し続けています。

明治から大正にかけて「遊部屋」として京都に拠点を置き、三条に工房を構えておりました。その頃から百貨店などで展示会を開いて自作の漆器を販売し、そして先代の塗師(ぬし)遊部孝義(光石 こうせき)が戦後すぐに四条通り(現在の本社ビル)に店を構え、新しい時代を切り開いていきました。 「漆器のアソベ」となってからは、塗師としての厳しい目利きで全国の逸品を扱うまでになり、今もなお面の美しさを追い求めています。


これからも京の美意識をお手元へ

なにげないカタチや質感に、歴史や文化を感じていただくこと。時代に流されることなく。「美」の意識を日々の品に活かす感性を大切に、これからも京都の美意識をお届けして参ります。

Copyright c 2010 ASOBE KOUGEI Co.,Ltd. All rights reserved.